バンドとオーケストラ

著名な吹奏楽団や吹奏楽団は、過去数十年にわたりObrasso Recordsのレーベルで録音を行ってきました。すべては1982年、オーベルアーガウアー吹奏楽団とスター・トランペット奏者モーリス・マーフィー(ロンドン交響楽団首席トランペット奏者)による初のロング・プレイング・レコード(LP)の制作から始まりました。CD「Adventures in Brass」の制作にあたり、オブラッソは英国初の吹奏楽団であるジャガー・カーズバンドを起用しました。イギリスの吹奏楽シーンとの優れたコンタクトにより、90年代にはウィリアムズ・フェアリー・バンド、グリムソープ・コリヤー・バンド、デスフォード・コリヤー・キャタピラー・バンド、ブリタニア・ビルディング・ソサエティ・バンドとの協力関係が始まりました。

オブラッソの創設者ヴェルナーとマンフレッド・オブレヒトの父であるエルンスト・オブレヒトの指揮のもと、1989年から1993年にかけて最初の吹奏楽CDが制作されました。そのために、伝説の東京佼成ウィンドオーケストラなどが従事していました。イギリスのブラスシーンに存在する既存の人脈を介して、エリザベス2世の王室のオーケストラにアプローチすることができました。その結果、英国空軍のセントラル・バンド、英国海兵隊のバンド、コールドストリーム・ガードのレジメンタル・バンドなどと多くのCDを制作することになりました。

国内の吹奏楽シーンでも数々のCD化が実現した。オブラッソの共同経営者であり音楽監督でもあるマンフレッド・オブレヒトは、指揮者であり、当時のオベラールガウ吹奏楽団の創設メンバーでもありました。当時のOBBとのつながりもあり、LPは2枚、CDは11枚にも及びませんでした。吹奏楽団Bürgermusik LuzernとNationale Jugend Brass Band (NJBB)もObrasso Recordsと契約していました。

長年にわたり、Brighouse & Rastrick Band、Yorkshire Building Society Band、The BNFL Band、Brass Band De Bazuin Oenkerkなど、他にも多くの吹奏楽団が加わりました。ブラック・ダイク・バンドとコーリー・バンドは、現在のレコーディングに採用されました。また、吹奏楽の分野では、Rundfunk Blasorchester Leipzig、ノルウェー陸軍音楽隊ベルゲン、中国敦煌交響楽団、スイス陸軍音楽隊などのオーケストラとの共演でも多くのCDが実現しています。


また、金管アンサンブルのCDもオブラッソで聴くことができます。スロカール・カルテットの4人のトロンボーン奏者やスイスのブラスコンソートの10人の金管奏者のような一流の音楽家たちが、オブラッソとの共演を果たしている。

翻訳: DeepL